VAPEのフレーバーは何種類くらいあるのか (nzat posted on 8月 26th, 2015 )

VAPE(電子タバコ)の魅力は、何といってもフレーバーの種類の豊富さ。国産のもの、海外産のもの、実に様々な種類のものがあり、全部合わせたらいったい何種類あるのかわからないくらい沢山あります。中には名前を聞いただけではどんな味がするフレーバーなのか全く想像もつかないようなものまであり、想像力をかきたてられます。アメリカでは嗜好品としての地位を確立しているVAPEですが、日本では電子タバコと言えば、まだまだ「禁煙のためのデバイス」という認識がほとんど。そんな人のために、タバコ味のフレーバーも数多くあります。日本国内で認可されているものはニコチンを含まないものだけですが、口がさびしいなどの理由で禁煙ができない方にはぴったりかもしれません。日本国内では規制も厳しくなってきていて中々手出ししづらいことも多いですが、気になる人は検討してみては。



若者に人気のVAPEとは



VAPEとは、たばこに火をつけて楽しんでいくものではなく、加熱しながら霧化している蒸気を楽しんでいく、まったく新しいたばこによるカテゴリーであり、非燃焼型におけるたばこといえば電子たばこといわれる言葉が一般的となっておりますが、VAPEに関しては水蒸気を吸っていく行為と、その為に使用しているデバイス両方を指しており、今後たばこに関する新しいカテゴリーを形成していくかも知れないとされている名称となっており、電子たばこについてはたばこ事業法や未成年者喫煙防止法による対象外となっていますが、日本においてはニコチンを含まれている電子たばこ用に関するリキッドの販売は禁じられております。また、VAPEはたばこやたばこ以外についても含めて火を付けずに喫煙することが出来る製品カテゴリー全体を指しています。



海外で人気のVAPEの魅力とおすすめ



VAPEとは、煙のかわりに少量の水蒸気を吸引する吸引機で、煙草に似せて作られた電子タバコのことです。ニコチンを含む製品もありますが、煙草と違い、香りや味の風味を加味させたリキットタイプの製品が主流になってきています。リキッドタイプのものだと、様々なフレーバーを味わえますし、パーツを交換することで自分仕様にカスタマイズも出来ることが魅力的です。近年では、メーカやサイトも増加しており、より幅広くフレーバーの種類も豊富になってきています。沢山メーカーがある中で重要視するのが、価格とデザイン、性能性が良いことが選ぶ基準で大事なことです。中でも日本のメーカーがネット販売しているフレンバーというブランドメーカーがおすすめです。最近では国内生産を行っているので、安全で使い心地も良く、パーツやリキッドがセットで販売されているので、VAPE初心者から求められています。今では、海外だけでなく、日本はもちろんのこと世界にも広がってきており、利用者が増加傾向にあります。それというのも、VAPEは一般的な煙草と違い、火器を用いないので一酸化炭素やタールなども発生しなく、副流煙も出ないので、自分の健康のみならず、他人の健康も害することがないことから、煙草の代替品として求められているからです。